オオセ<頭の大きなサメ<サメの仲間水族館動物写真図鑑WEB水族館 全国水族館ガイド

全国水族館ガイドTOPへ
動物写真図鑑TOPへ
水族館に出かけよう。
WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す

LINK
にっぽんのマーケター2017年7月
マーケターの企み「中村元さん、水族館プロデューサー
文春オンライン2017年7月
中村元の『水族館哲学』から紹介します
モーニングショー「聞きトリ」2017年7月11日
水族館プロデューサー斬新アイデア
マリンガーデン、リニューアル物語(アニメ)


オオセと会える水族館

オオセ 大瀬
テンジクザメ目オオセ科/全長1m前後(成長すれば2m)
オオセの写真/下田海中水族館
(撮影地:下田海中水族館)
オオセの体はフライパンをひっくりかえして細長くしたような扁平で、一般的なサメのイメージからはずいぶん遠い。顔の回りにヒゲのような長い突起があるのもオオセの特徴で、背中の不規則な模様とあいまって、地球外生物のような印象がある。
オオセは大瀬(広い浅瀬)のこと。自然の海では、大きな浅瀬の藻場にいて、昼は藻に隠れて海底で寝そべっている。この扁平な姿はそのときのカムフラージュのためである。おかげで、オオセが水族館にいても、見つけることができないことが多い。
上のオオセは、下田海中公園での撮影だが、こんなによく泳ぐオオセを見たのはこの時が最初で最後だ。
オオセに会える水族館

関東
鴨川シーワールド(千葉県)
アクアワールド・大洗(茨城県)
サンシャイン国際水族館(東京都)
京急 油壺マリンパーク(神奈川県)
新江ノ島水族館(神奈川県)

東海・北信越の水族館
伊豆・三津シーパラダイス(静岡県)
下田海中水族館(静岡県)
蒲郡市 竹島水族館(愛知県)
碧南海浜水族館(愛知県)

関西・中国の水族館
海遊館(大阪府)
神戸市立 須磨海浜水族園(兵庫県)

九州・沖縄の水族館
マリンワールド 海の中道(福岡県)
大分マリーンパレス水族館 うみたまご(大分県)
海洋博公園 沖縄美ら海水族館(沖縄県)

オオセの写真/京急 油壺マリンパーク
背中から見たオオセ。右奥に頭がある(油壺)