オーストラリアアシカ<アシカの仲間鰭脚類水族館動物写真図鑑WEB水族館 全国水族館ガイド

全国水族館ガイドTOPへ
動物写真図鑑TOPへ
水族館に出かけよう。
WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す

LINK
にっぽんのマーケター2017年7月
マーケターの企み「中村元さん、水族館プロデューサー
文春オンライン2017年7月
中村元の『水族館哲学』から紹介します
モーニングショー「聞きトリ」2017年7月11日
水族館プロデューサー斬新アイデア
マリンガーデン、リニューアル物語(アニメ)


オーストラリアアシカと会える水族館

オーストラリアアシカ
アシカ亜目(鰭脚目)・アシカ科アシカ亜科/♀=体長1.5mくらい 体重80kgくらい(目測)
オーストラリアアシカの写真/鴨川シーワールド
(写真:鴨川シーワールドのオーストラリアアシカ)
オーストラリアアシカは、オーストラリア南西の沖合の島々に住むアシカの仲間。カリフォルニアアシカよりも乾いた時の毛色が淡く、鼻が大きくて優しい顔をしている。
生息数はとても少なく2千~3千頭とされているが、カンガルー島に小規模なハーレムがあり、一般観光客が海岸で簡単に会うことができる。

多くのアシカたちがそうなのだが、野生のオーストラリアアシカは、ヒトを怖れることも危害をくわえようとすることもない。特に子どものアシカたちはヒトを見つけると近くまでやってくるほどだ。子どものオーストラリアアシカは子犬のように可愛い。
オーストラリアアシカに会える水族館
=写真はクリックで拡大します
鴨川シーワールド(千葉県)
日本では、鴨川シーワールドでだけ、メスのオーストラリアアシカに会うことができる。彼女は、ロッキーワールドの岩礁プールで暮らしていて、カリフォルニアアシカのメスたちと行動を共にしていることが多い。
オーストラリアからは野生生物の輸出はされないことが多いのだが、鴨川シーワールドは、沖縄海洋博の時にオーストラリア館で展示されていたオーストラリアアシカの飼育を担当し、海洋博閉会後にそのまま贈呈されたのだそうだ。
鴨川シーワールドのガイドへ
オーストラリアアシカの写真/鴨川シーワールド
乾いて柔らかく輝く毛
オーストラリアアシカの写真/鴨川シーワールド
真ん中がオーストラリアアシカ。左のアシカに比べると鼻が大きい