番匠おさかな館<大分県の水族館九州・沖縄の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
マイトリップ2016年6月
旅のランキング:中村元おすすめ!目的別「水族館ランキング」

LINK
にっぽんのマーケター2017年7月
マーケターの企み「中村元さん、水族館プロデューサー
文春オンライン2017年7月
中村元の『水族館哲学』から紹介します
モーニングショー「聞きトリ」2017年7月11日
水族館プロデューサー斬新アイデア
マリンガーデン、リニューアル物語(アニメ)



道の駅やよい 番匠おさかな館
陽のふりそそぐ川がある水族館

番匠おさかな館の写真
自然の草木の植栽に陽光がふりそそぎ、流れる清流に魚たちがキラキラと光る。
野趣味たっぷりの番匠川に、ここから入って行けそうな気持ちになる。

大分県の佐伯市、山あいの里にある道の駅に併設された淡水水族館。この地域を流れる自然豊かな番匠川の環境を館内に再現している。多くの水槽に、自然光がふりそそいでいるのが特徴的だ。
メインの水槽は、アユやカワムツが躍る上中流域の水槽と、コイがゆったりと泳ぐ下流の水槽。いずれも自然環境の再現がよく、特に上中流の水槽では、川の流れに向かって、優位な場所を確保しあう魚たちの動きがリアルで、本物の川に潜っているように感じる。
これらに続く個水槽を抜けると、温室のゾーンがあり、世界の淡水魚が展示されている。特別巨大な水槽があるわけではないが、少し大きめのアマゾンの水槽にはナマズやコロソマたちが、明るい日差しの中でいかにも健康そうな巨体に育っている。
スタッフ手作りの展示も多く、ハンズオンを意識した展示は面白くて、筆者も思わず手に取って遊んでみた。
番匠おさかな館の写真
上流に向かって身を躍らせるアユ。川の魚の魅力は躍動感にある。

姉妹サイト「ブログ水族館」での番匠おさかな館の記事と写真
番匠おさかな館111館目!

番匠おさかな館の写真
下流の水槽は奥行きがあり、コイたちが悠々と泳ぐ。この水族館で最も大きな水槽。
番匠おさかな館の写真
温室になった世界の淡水魚のゾーン。自然光がいっぱいで明るい。

TEL 0972-46-5922
住所 大分県佐伯市弥生大字上小倉898番地1
URL http://michinoeki-yayoi.com/osakanakan/index/index.htm
開館時間 10時〜18時
休館日 なし
入館料 大人(中学生以上)300円、小人(小学生以下)200円、幼児(3歳以下)無料
年間パスポート 中学生以上1500円、小学生以下1000円
交通
電車: JR日豊本線「佐伯駅」よりバス「畑木バス停」
車: 大分自動車道津久見IC→県道36号で約30分
駐車場 あり

魚の目情報
裏手を流れる番匠川で自然体験プログラムを積極的に行っている。かつて日本中のどこにでもいた川ガキを、番匠おさかな館が復活させているのだ。日帰り圏内のちびっ子にはオススメ。温浴施設も併設しているので、その間、親はお湯三昧というのはいかがだろう?


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。