むつごろう水族館<長崎県の水族館九州・沖縄の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
水族館に出かけよう
2007年の注目水族館
2005年の注目水族館
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
メディアで紹介した水族館

LINK
水族館調べにお役立ちのサイト



むつごろう水族館
有明海のすべてがここにある

諫早干拓の里むつごろう水族館の写真
有明海と言えばムツゴロウ。しかしムツゴロウは自然でも水族館でもなかなか会うことができない。確実に会いたいならこの水族館をぜひ訪れていただきたいコバルトブルーの模様がとても美しい。

有明海の干潟と、そこに流入する川の豊かな自然を見せてくれる水族館。外観がムツゴロウの形の建物を2階から、川の上流から中流域、下流域と下っていくのはピクニック気分。1階には、中央に配置された直径5m円形の干潟水槽を中心に、日本最大の干潟有明海に住む動物たちが展示されている。有明海の固有種は他の水族館ではほとんど飼育されていない。コバルトブルーの美しいムツゴロウ、エイリアンと見まがうばかりのワラスボ、醜さ故に名付けられたというヤマノカミ。いずれもインパクトの強い姿が魅力だ。他にもシオマネキやトビハゼなど、広い泥水槽の上で繰り広げられる彼らの生活に見飽きない。 諫早干拓の里むつごろう水族館の写真
スロープを降りながら川の光景を見て、中央には大きな干潟が再現されている。

姉妹サイト「ブログ水族館」でのむつごろう水族館の記事と写真
むつごろう水族館

諫早干拓の里むつごろう水族館の写真
有明海の怪魚ワラスボ。エイリアン顔におもわずおののく。
諫早干拓の里むつごろう水族館の写真
有明海で産卵し、川に登ってくらすヤマノカミ。

TEL 0957-24-6776
住所 長崎県諌早市小野島町2232
URL http://www.kantakunosato.co.jp/map/suizokukan/index.htm
開館時間 9時30分〜17時
休館日 月曜(祝日の場合は翌日)
入館料 大人300円、小人200円、幼児100円
交通
電車: JR諫早駅から島鉄に乗り換え干拓の里駅下。
車: 諫早IC→島原・雲仙方面(R57)→島鉄干拓の里駅から左折。
駐車場 あり

魚の目情報
ムツゴロウはとても警戒心が強いようで、普通に泥の上に上がっているのはトビハゼばかりだが、それを見てムツゴロウだと思って帰ってしまう人が多い。ムツゴロウはトビハゼの2〜3倍もあり、コバルト班がとてもキレイだ。エサを食べるときには、トビハゼを蹴散らして上陸してくるので、腰を落ち着けて待ちたい。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。