豊橋総合動植物公園 のんほいパーク<愛知県の水族館東海の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
マイトリップ2016年6月
旅のランキング:中村元おすすめ!目的別「水族館ランキング」

LINK
にっぽんのマーケター2017年7月
マーケターの企み「中村元さん、水族館プロデューサー
文春オンライン2017年7月
中村元の『水族館哲学』から紹介します
モーニングショー「聞きトリ」2017年7月11日
水族館プロデューサー斬新アイデア
マリンガーデン、リニューアル物語(アニメ)



豊橋総合動植物公園 のんほいパーク
ラッコもいる動物園

豊橋のんほいパークの写真
のんほいパークのラッコお得意のポーズ。
この格好でくるりと1回転、窓のそばてやってくれる。

日本で唯一、ラッコのいる動物園。飼育されているのは「極地動物館」と名付けられた施設で、水族館にあるような極地ペンギンのプールと、水中のホッキョクグマが見えるプールもある。極地動物館は、のんぽいパーク内に設置された海獣中心の水族館で、ラッコもペンギンもほとんどの水族館よりも、広く深いプールで暮らしている。
ペンギンのプールも、面積が広いうえに陸地がかなり凝ったつくりで、オウサマペンギンたちのグループと、ジェンツーペンギンたちのグループが交代で、パレードをする。
水族好きなら極地動物館だけに1日いても飽きないが、そうでない方にも、真夏の動物園では、ここがオススメだ。なにせ極地動物館だから、涼しいことこの上ない。

姉妹サイト「ブログ水族館」でののんほいパークの記事と写真
動物園で水族館
ジョワッチ!(ホッキョクグマとラッコ)

豊橋のんほいパークの写真
ウルトラマンのように飛び込んできたホッキョクグマが、窓に迫る。
豊橋のんほいパークの写真
ジェンツーペンギンが群れで泳ぐ。壮観。

TEL 0532-41-2185
住所 豊橋市大岩町字大穴1-238
URL http://www.toyohaku.gr.jp/tzb/
開館時間 9時〜16時30分(入園は16時まで)
休館日 月曜日(月曜が祝日及び振替え休日の場合は火曜日)
12月29日〜1月1日
入館料 大人600円、小中学生100円、幼児(3歳以上)0円
交通
電車: JR二川駅南口より徒歩約6分
車: 音羽蒲郡ICより国道1号線を静岡方面へ約50分「動物園入り口」の信号を右折
駐車場 あり(無料)
魚の目情報
ホッキョクグマはおやつの時間が狙い目。普段は直射日光を避けているが、餌の時間になると岩陰から出て来て正面からプールに飛び込む。豪快!


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。