森の水族館<岐阜県の水族館東海の水族館WEB水族館 全国水族館ガイド

WEB水族館 全国水族館ガイド
全国水族館ガイドTOPへ
水族館動物写真図鑑へ
水族館に出かけよう。

WEB水族館
ブログ水族館 別窓
館長室:中村元
水族館の本・ガイド
水族館動物写真図鑑
イルカトレーナーになる

水族館を探す
50音順で探す
好みのタイプで探す
地図で探す
マイトリップ2016年6月
旅のランキング:中村元おすすめ!目的別「水族館ランキング」

LINK
にっぽんのマーケター2017年7月
マーケターの企み「中村元さん、水族館プロデューサー
文春オンライン2017年7月
中村元の『水族館哲学』から紹介します
モーニングショー「聞きトリ」2017年7月11日
水族館プロデューサー斬新アイデア
マリンガーデン、リニューアル物語(アニメ)



森の水族館
世界最小水族館かもしれない・・・。

森の水族館の写真
これで全ての小さな水族館。

入館料が必要な水族館としては、筆者が知る限り世界でも最小の水族館だ。山また山を越え、高山から乗鞍へ向かう国道から外れた細い道沿いにある。すべて合わせて30トンという水量ながら、このあたりの渓流を再現し、アクリルガラスがしっかり張られた水槽は、まぎれもなく水族館。渓流には、擬岩ではなく本物の石が使われている。飛騨の自然への心からの愛情が、水槽の隅々に流れ渡っているようだ。

森の水族館の写真
アマゴ。ニジマスが多いのがちょっと残念。
森の水族館の写真
メインは築120年の豪農家屋。土間や牛小屋などがあって懐かしい。

TEL 0577-79-2505(有限会社飛騨ふるさと観光)
住所 岐阜県大野郡丹生川村根方532
URL http://norikura.com/aquarium/
開館時間 8時〜17時
休館日 なし(冬期は臨時休館あり)
入館料 大人500円、小人(中学生以下)400円
匠の館、森の水族館、飛騨牛の森全施設共通
交通
電車: JR高山駅から新穂高温泉行きバス約50分、琴水苑口下車徒歩5分。
車: 中部縦貫道高山西ICから国道158号線で約30分
駐車場 あり

魚の目情報
森の水族館は、築120年の民家美術館「匠の館」に併設されている。匠の館はなかなかに興味深い。裏には飛騨牛も飼育されていて、ちょっとした自然史系民族博物館。


※禁転載。ここに記載されている全ての写真、文章などは中村元の著作に帰属します。